何が嫌なのか聞こう

未就学児のうちに、習い事をさせることで才能をスムーズに伸ばすことができます。
ですがこれまで頑張って通っていたのに、急に嫌だというかもしれません。
そんな時は子供の言うまま、すぐにやめさせないでください。
まずは子供と、話し合ってみましょう。
何が嫌なのか聞いてください。
ピアノや水泳が、なかなか上達しないのでもうやめたいという子供が見られます。
その場合は家での練習時間を伸ばすことで、うまくできるようになるかもしれません。

また、教える先生との相性が悪い可能性があります。
習い事自体をやめるのではなく、通うスクールを変えるのがおすすめです。
きちんと子供の性格に合わせて指導してくれる先生だったら、子供は夢中になれるしょう。
才能を伸ばしやすいので、子供にやめたい理由を聞いてください。
また先生とも話し合ってください。
子供は、まだ何が嫌なのか自分でハッキリとわからないことがあります。
親が先生と話し合うことで、子供に合うのか判断できるでしょう。

習い事自体が子供に合わないと感じたら、やめさせてもいいと思います。
ですがそれから、何もやらないのはもったいないです。
代わりの習い事を見つけるといいですね。
また、自宅で勉強に励むのもおすすめの方法です。
今は通信教育などで、自宅でも国語や算数の勉強ができます。
別の習い事を、親と一緒に探しましょう。
子供はただの好奇心でやりたいと言い出すので、親が子供に合うか見極めてください。

すぐにはやめさせないこと

子供がやめたいと言い出しても、すぐにやめさせないでください。 飽きたからと言って習い事をやめると、諦め癖がついてしまいます。 嫌な理由を聞くと、やめなくてもいい方法が見つかるかもしれません。 せっかく始めた習い事なので、簡単にやめないでください。

意外と多い理由とは

通っているスクールの先生と子供の相性が悪いことが原因で、子供は習い事を嫌がるケースがあります。 先生との相性も重要だと思って、スクールを決めてください。 また子供だけではなく先生からも、話を聞きましょう。 すると子供が正しいことを言っているのかわかります。

習い事を辞める場合

よく話し合って、子供に合っていないことがわかったら今の習い事をやめさせてください。 合っていないのに無理に続けさせると、子供にストレスを与えます。 その際は別の習い事や、勉強をさせるのがいい方法です。 未就学児の時間を、無駄に過ごさせないでください。